画質のこだわり

ライブチャットの機能に似たテレビ電話、携帯電話には付いているテレビ電話を多用してる人も多いはずです。若者世代は多機能で且つ手軽さを重視した携帯電話やアイポッド、ゲーム機器まで「手軽さ、気軽さ」を重視する事で機器の小型化が進み、生活になじみ易いネットのあり方が確立してるようです。機器の小型化は同時に技術進歩の賜物でしょう。10年前の携帯電話は随分大きなものでした。
片手で持つ事が出来ても比べようのないぐらいです。「よいしょっと抱えるぐらい」と言うのは大げさですが、今の子供に少し昔の携帯電話を見せると驚きますね。大きさだけでなく機能も充実しています。パソコンのライブチャットと携帯電話のテレビ電話の大きな違いは画素数がパソコンに比べ少ないです。
画素数の少ない携帯電話は見た目も粗いですし、テレビ電話に映る人の動きが不自然で何故か硬いイメージがあります。パソコンのライブチャットは映る被写体がより本物らしく見えるのが特徴で同じ空間を共有できるのは画素数、解像度が高いからでしょう。画素数、解像度が少し下がると画質自体も粗い感じで見えてしまうんですね。
今のライブチャットがあるのも技術進歩の証です。画質にこだわり1年以上前に被写体が立体的に飛び出るように見える3D画像技術が技術進歩し始めました。いつの日かパソコン画像も3D画像になったら面白いですね。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or trackback from your own site.